投稿

夏は鏡の季節!

イメージ
見学のお客様からよく「鏡はどのように作るのですか?」との質問をいただきます。
鏡は、紋様を施した土や石の鋳型に、「湯」と呼ばれる高温で赤く溶けた青銅(銅を主成分とし、スズや鉛を含んだ合金)を流し込む鋳造という方法で制作されます。さらに「湯」が冷えて固まった後に鋳型から取り出して整形、鏡面を丁寧に研磨することで白銀色に輝く鏡が完成します。

古代中国では、万物の生成は、木・火・土・金・水の5つの気が影響するという五行思想が信じられていました。銅鏡はその成分が「金」であり、制作には「火」が大きく関わります。「火」は季節は夏、色は赤を象徴し、「金」は季節は秋、色は白を象徴します。
鏡づくりの工程は暑い夏から秋への季節の移ろいにも重ね合わせられ、五行思想に基づくことでその内面に不思議な力が秘められていると考えたのです。
以前にも紹介しましたが、千石コレクションには「五月五日造」と記された鏡があります。五月は旧暦で夏=「火」に通じ、五(火)が重なることで鋳造に適した縁起の良い日を意味します。
八瑞獣紋鏡(図195)と「五月五日造」銘
千石コレクションにはありませんが、銅鏡の銘には制作日を「五月丙午」と表すことがあります。
「火」に通じる五に加えて干支で日を表した「丙午」(へいご・ひのえうま)の「丙」と「午」も「火」を象徴します。火の気が重なりその相乗効果が期待できる、鋳造を行うのに縁起のよい日と考えたのです。ただし、「五月五日」も「五月丙午」も鏡に秘められた性質をアピールする意味が強く、実際にその日に制作したのかはわかりません。
余談ながら、日本では丙午の年は火事が多いとか、この年に生まれた人は気性が荒いとの迷信がありました。これは古代中国の五行思想を誤って理解したためです。

梅雨も明け、いよいよ夏本番!暑い夏こそ鏡づくりに最適な季節です。
古代鏡展示館では、8月に低温で溶ける金属を用いてミニチュア(径約5.5㎝)の鏡をつくる古代体験講座「金属で鏡をつくろう」を開催します。夏の思い出にいかがでしょうか。

安倉高塚古墳の鏡

イメージ
中国自動車道宝塚インターを降りて尼崎方面へ走り、「安倉」交差点を過ぎた住宅街の中に安倉高塚古墳はあります。古墳時代前期(4世紀末頃)の円墳(復元径十数m)ですが過去の工事で損壊し、今では墳丘と竪穴式石室の一部が残るのみ、気にしなければ通り過ぎてしまいそうな小さな古墳です。
しかし、この小さな古墳は、出土した銅鏡によってその名が広く知られています。

        安倉高塚古墳(宝塚市)出土 赤烏七年対置式神獣鏡
           (兵庫県立考古博物館蔵 県指定文化財)
銅鏡は竪穴式石室内から2面出土しています。そのうちの1面、放射状に神像や獣形を配した対置式神獣鏡の外区には銘文が時計回りに記されています。鋳上がりの悪さや錆のために判読は非常に困難ですが、同種の銅鏡などを参考に、下記のように復元されています。
赤烏七年太歳在丙午 時加日中 造作明竟 百□漳 服者富貴 長楽未央 子孫・・」
銘文の前半は、良い時期に良い材料で制作した鏡であること、後半はこの鏡によって得られる効能を記しており、多くの鏡にみられる内容です。

冒頭の「赤烏(せきう)七年」は中国の三国時代、呉の年号で西暦244年にあたります。日本で呉の年号が記された銅鏡が出土しているのは、安倉高塚古墳と山梨県の鳥居原狐塚古墳(「赤烏元年」銘)の2例のみです。
では、呉の年号が記された鏡は、どのような意味があるのでしょうか。
中国の三国時代、魏と倭国の外交は『魏志』倭人伝によってよく知られていますが、魏と緊張関係にあった呉も周辺地域との外交に力を入れていたようです。
赤烏七年は魏の年号では正始4年にあたります。卑弥呼が魏に遣使し、「銅鏡百枚」などを下賜された「景初3年」(西暦239年)、下賜品を携えた使者が倭国に渡った「正始元年」(西暦240年)と同じ時代です。呉が倭国と関わった記録は全く残されていませんが、魏と同様に倭国となんらかの接触をもっていたかもしれないことを物語る銅鏡です。

今回紹介した銅鏡は、企画展「発掘された銅鏡 兵庫に伝わった鏡と文化」にて展示中です。9月10日(火)まで


展示室内の機械

イメージ
当館を見学されるお客様から、展示室内にあるこの機械は何ですか?とのご質問をいただきました。

中には「地震計?」とおたずねの方も。
正解は、「温湿度記録計」。展示室内の温度と湿度の変化を記録する機械です。
右側の部分で測定した温湿度を左側の用紙に記録しています。

展示室内は、1年中気温22℃、湿度50%前後で空調管理されています。
一定の温湿度で管理している理由は、お客様が快適に見学していただくためではありません。
博物館の仕事は、資料を多くの方々にわかりやすく見学いただくことですが、貴重な資料を未来へ継承していくことも重要な使命です。
当館の資料の大半を占める銅鏡をはじめとする金属は錆が大敵。そこで、錆による劣化の進行速度を鈍らせるため、金属が良好な状態を維持できる温湿度を設定しているのです。
とはいえ、気温22℃、湿度50%は、兵庫県では4月下旬頃のさわやかな気候とほぼ同じ。ぜひ心地よい空間で古代中国の人々の思いを感じて下さい。
また、フラワーセンター散策の際、夏のクールスポット、冬のホットスポットとしても当館をご利用下さい。

「令和」によせて

イメージ
4月で平成の時代が終わり、5月1日に令和元年が始まりました。
新元号「令和」の出典は『万葉集』からだそうです。
西暦730年(天平2)年1月、九州は太宰府長官であった大伴旅人の邸宅で梅の花見の宴が催され、そこで披露された和歌をまとめた序文の一節「初春の月にして、気淑く風ぎ」から引用されています。
序文はこの後に「梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」と続きます。ここでは、当時まだ珍しかった梅花の白さを鏡の前にある白粉にたとえています。

鏡は、日本では弥生時代に伝わって以降、権威の象徴や宝器としての性格を帯びていました。しかし先進的な唐の文化や文物を積極的に摂取した7世紀以降、多くの唐鏡がもたらされ、それを模した国産鏡も制作されます。唐の文物を摂取する中で貴族の装いにも変化がみられ、鏡は本来の用途である化粧道具として用いられ始めます。
唐鏡を代表する海獣葡萄鏡は、奈良県に所在する高松塚古墳(7世紀末)、杣之内(そまのうち)火葬墓(8世紀初頭)などに副葬されていました。この時代の墳墓に副葬された海獣葡萄鏡は、権威の象徴という性格ではなく被葬者の生前の愛用品だった、と考えられています。
海獣葡萄鏡  左:高松塚古墳出土鏡と同型鏡(図221)  右:杣之内火葬墓出土鏡と同型鏡(図225) 

万葉集に表された鏡が海獣葡萄鏡か不明ですが、中国では盛唐の時期にあたる8世紀前半、我が国の歌人がイメージした鏡は化粧の場にあるものとして共通認識できたのでしょう。

令和の時代も当館は、鏡やそれに関連する文化について情報発信してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

月面探査と鏡

イメージ
2019年を迎えて早々、中国の無人探査機が世界で初めて月の裏側へ軟着陸に成功、というニュースが飛び込んできました。
21世紀に入り開始された中国の月面探査は「嫦娥(じょうが)計画」と呼ばれています。
嫦娥とは、月に住む仙女と紹介されていますが、物語では夫が入手した不老長寿の薬を盗んで月まで逃げたものの、罰として蟾蜍(せんじょ:ヒキガエル)にされたと伝えられています。古代の中国では、月を象徴する生き物が蟾蜍でした。
月に関する故事をモチーフにした月宮図鏡(唐)の中で、左手に盤を持ち、駆けている女性が嫦娥だと考えられています。


月宮図鏡(図289)と嫦娥と推定される女性
今回、月の裏側に軟着陸したのは「嫦娥4号」で、そこから降り立った探査車の名は「玉兎(ぎょくと)」。玉兎とは皆様ご存じの月のウサギです。中国では蟾蜍とともに月にいると信じられていました。日本ではウサギは月で餅つきをしているとされていますが、本来は不老長寿の薬を作っているとされます。
月宮図鏡に表された玉兎
月の裏側に着陸した「嫦娥4号」は地球と直接交信できないことから、事前に「鵲橋(じゃくきょう)」という名の通信中継衛星も打ち上げました。以前のブログでも紹介しましたが、鵲(かささぎ)は七夕の夜に天の川に橋を架け牽牛と織女を取り持った鳥。この故事にちなみ、「嫦娥4号」と地球との通信を橋渡しする役割から命名されたのでしょう。

唐の時代に制作された月宮双鵲銜綬龍濤紋八花鏡には、今回の探査機器のルーツがすべて表現されています。
月宮双鵲銜綬龍濤紋八花鏡(図290) 鏡背面に月、鵲、龍の3つの吉祥の図像を集約させたおめでたい鏡です。鈕を挟んだ左右の鳥が鵲、その上の円い月の中に嫦娥が姿を変えた蟾蜍と玉兎が表されています。
地球に最も近く、夜最も明るく輝く天体である月。そして常に姿を変える月に対し人類は古くから関心を注ぎました。国家が威信をかけて最先端技術を投入する月面探査ですが、中国に限らず探査機などの名称は月に関する神話や故事にちなんで命名されています。
鏡にも表された伝説や神話が現代にも息づいていることを感じるニュースでした。

今回紹介した2面の鏡は、企画展「唐王朝の彩り 宮廷の栄華をうつす金銀銅」にて展示中。会期は3月12日(火)までです。ぜひご覧下さい。

イノシシがいっぱい

イメージ
現在開催中の秋季企画展「唐王朝の彩り 宮廷の栄華をうつす金銀銅」では、隋・唐時代に制作された鏡も展示しています。その中には十二支を鏡背面に表した鏡もあり、平成31年の干支であるイノシシの様々な姿をご覧いただけます。
方位を示す役割を担っていた十二支は、隋・唐の時代には動物の姿として鏡背面に表現されます。当館の十二支を表した鏡は、北を示す「子:ネズミ」が上になるように展示しています。十二支は時計回りに巡っていますので、イノシシは、上からやや左側の位置に表されています。
受付で貸し出している拡大鏡でイノシシの姿を探してみましょう。

当館おすすめのイノシシは、パルメット唐草十二支紋鏡にいます。

パルメット唐草十二支紋鏡(図版197)と表されたイノシシ
外区には時計回りに駆ける十二支が写実的に描かれています。猪突猛進ではありませんが、疾駆するイノシシの姿、いかがでしょうか。

また、美形のイノシシはこちら
秋季企画展イチオシの展示品、銀鍍金禽獣草花紋三足壺(ぎんときんきんじゅうそうかもんさんそくこ)の中にいます。

当館の展示品はすべて写真撮影が可能です(ただしフラッシュ撮影や脚の使用はご遠慮いただいています)。今年も残すところ1ヶ月。ぜひ、当館の展示品に表されたイノシシの図像を平成31年の年賀状にお使い下さい。

平成31年を迎えた1月2日(水)からは、スポット展示「干支 亥」も開幕します。(3月12日(火)まで)こちらは十二支が動物の姿になる前、文字で方位を示した時代の鏡を展示します。併せてご覧下さい。

古代鏡展示館取材ありがとうございます

イメージ
加西市内の中学校を訪問したところ、生徒が作成した新聞に古代鏡展示館が取り上げられていました。
(教員の許可を得て撮影・掲載しました)
この新聞は、社会科の地域学習の一環として夏休みに生徒が市内各所へ足を運び、自ら調べたことをまとめたものだそうです。
夏休み期間中に熱心に見学していた中学生がいたことを記憶していましたが、まさか取材していたとは知りませんでした。数多くの加西市内の名所旧跡や特産物などとともに古代鏡展示館を選んでいただき、ありがとうございました。

記事に掲載されているのは「孔雀石象嵌透彫鏡(くじゃくいしぞうがんすかしぼりきょう)という鏡です。
孔雀石象嵌透彫鏡(図版番号22)
別々につくられた鏡面と鏡背面をはめ合わせた二重体鏡と呼ばれるもので、約2,300年前の戦国時代の鏡です。数多くの展示品の中からこの鏡を選んだあなた、目のつけどころが見事です!

中学生の皆さん、古代鏡展示館では、社会科の教科書に出てくる中国の歴史資料を直接見ることができます。わからないことはスタッフに質問もできますので、ぜひご来館いただき、歴史を体感して下さい。

紺綬褒章受章のお祝い

イメージ
古代中国鏡を中心とする千石コレクションを兵庫県にご寄贈いただいた功績により、千石唯司氏が紺綬褒章(こんじゅほうしょう)を授与されました。


和田晴吾館長(左)から章記を受け取る千石唯司氏 (10月17日)

カササギ

イメージ
猛暑の夏が去り、季節は秋。夜空を見るのによい季節になりました。夜空の天頂近くにはベガ、アルタイル、デネブの3星で構成される「夏の大三角」がまだよく見えます。このうちベガとアルタイルは七夕伝説の織女(織姫)と牽牛(彦星)にあたり、その間に天の川が広がっています。
昨年もブログに登場しましたが、月宮双鵲龍濤紋八花鏡は七夕伝説に関連する鏡です。
月宮双鵲龍濤紋八花鏡(唐:図録番号290)
鈕の左右で綬をくわえる鵲(カササギ)は、七夕の夜に天の川に橋を架け織女と牽牛の間を取り持ったことから、男女の仲をとりもつ瑞鳥(おめでたい鳥)とも言われています。

ところで、カササギは、ヨーロッパから東アジアまで北半球に広く生息する鳥ですが、もともと日本にはいなかったそうで、『魏志倭人伝』には日本にいない鳥獣の1つとして記載があります。
奈良時代初頭に編纂された『播磨国風土記』には、讃容郡中川の里(現兵庫県佐用郡佐用町末廣付近)の船引山に「鵲住めり」とあり、日本における生息についての最古の記録です。「韓國の烏」と記されているのですが、実際のカササギと生態が異なること、奈良時代に「鵲」をどう読んでいたのかが明らかでないことから別の鳥である可能性があり、古代の兵庫県にカササギがいた!と断言できないのは残念です。
日本で生息が確認できるのは近世の初め頃。朝鮮半島から北部九州へ人間が連れてきたとも、海を渡って飛んできたとも言われていますが、はっきりしたことはわかっていません。謎多きカササギですが、中国や韓国では瑞鳥として今日も親しまれています。日本の主な生息地である佐賀県では「カチガラス」とも呼ばれ「勝ち」に通じる縁起の良い鳥とされています。もし、旅行などで佐賀県へ行く機会があり、長い尾で腹や羽根の先端が白い鳥がいたら、カササギかもしれません。見つけたらなにか良いことがあるかもしれませんよ。

月宮双鵲龍濤紋八花鏡は9月14日(金)開幕の秋季企画展「唐王朝の彩り 宮廷の栄華をうつす金銀銅」にて展示します。ぜひご覧下さい。 


開幕にむけて

イメージ
9月14日(金)から秋季企画展「唐王朝の彩り-宮廷の栄華をうつす金銀銅-」が開幕します。
それにともない、本日は展示替えのため臨時休館。休館中の展示室では、明日にむけての展示替えが大詰めを迎えています。 小さな展示室ですが、今回ほど大規模な展示替えは初めてです。

作業の様子を少しご紹介しましょう☺
11日まで展示していた銅鏡は、きれいに撤収しました。







秋季企画展のパネルを設置中です。 展示品配置の瞬間、緊張します!






ひとりでも多くのお客様に、小さな作品たちの 繊細な技巧と彩りを観ていただきたい・・・ 微調整を繰り返して仕上げていきます。






明日から開幕の秋季企画展、どうぞ皆様お楽しみに。

◆担当学芸員おすすめの逸品◆ 頸のくびれた小壺に短い足がつき、宝珠形のつまみの蓋がのる。全面に草花や、その中を走るイノシシやウサギ、鹿が描かれ、繊細な魚々子紋で埋める。 金色に浮き上がる紋様と黒い地肌の対比が鮮やか。 銀鍍金禽獣草花紋三足壺(鍑)  唐  高5.9cm 胴径5.8cm