投稿

鼎の物語

イメージ
鼎は「てい」と読みます。3足があり、口の両側に把手(耳)が付く器。 今日の日本でも3足の香炉を鼎(かなえ)と呼び、3人の対談を鼎談と言うなど言葉として残り、用いられています。 当館で開催中の「中国王朝の粋美」の中でも鼎を展示しています。 肉のスープを煮込むものですが、日常で用いる鍋ではなく、王が神を祭る儀式で用います。 弦紋鼎  商 「古代中国金工の歴史」で展示中 中国の故事に見える鼎についてみてみましょう。 「禹の九鼎」 周王朝には9つの鼎がありました。これらは最初の王朝とされる夏の時代の初代の王 禹 (う)が国内の銅を集めて作ったもの、と伝えられていました。 「鼎を定める」 王朝は夏から商(殷)、周と変わり、九鼎は代々の王朝に引き継がれました。鼎が置かれる場所こそ王朝が所在する場所だったのです。 当館で展示している鼎は高さ18㎝程度の小型のものですが、中国で出土した鼎の中には非常に大きく、重いものがあり、動かすことは大変だったようです。 「鼎 (かなえ) の軽重を問う」 周王朝に衰えがみえた春秋時代、長江流域の大国である楚の国の王は九鼎を入手しようと、その重さを周王朝の使者に尋ねたと言われています。使者は、国力が衰えても鼎があることは、王の徳が衰えていないこと、と回答を拒絶しました。 「鼎伏」 しかしその後周王朝は滅びます。九鼎は秦の始皇帝の手に渡りますが、移動中に1つを河に落としてしまったと伝えられています。始皇帝は水没した鼎の引き上げを試みましたが、ついに成功することはありませんでした。  鼎は、儀式の中の重要な器にとどまらず、王の権威を象徴する宝器でもあったのです。

錞于って何

イメージ
 ただ今開催中の「中国王朝の粋美」の1コーナー「青銅の響き」では、夏ー商から春秋戦国時代の楽器を展示しています。 その中で多くの方が「これ何?」と感想をもたれる作品が 錞于 (じゅんう)です。 蟠螭紋 錞于 (ばんちもんじゅんう) 戦国時代 「青銅の響き」にて展示中 一見すると 壺のような形をしていて、楽器には見えませんが。 展示していると見えませんが、内部は空洞で、底はありません。 頂部は蓋のように見えますが、胴部と一体で外すことはできません。 虎の形をした鈕(ちゅう)が付き、ここでつり下げ、胴部の側面を叩く打楽器です。 錞于は長江の流域で発達し、春秋時代から前漢時代にかけて制作されました。 音楽の合奏や戦いの合図に用いられたようです。

新しい展示室

イメージ
 緊急事態宣言発出による休館に始まった5月も終わり。古代鏡展示館が心機一転スタートして半月余りが過ぎました。例年より早い梅雨入りにもかかわらず、多数の方々にご来館いただいています。感謝申し上げます。 1年にわたる増築工事によって従来の展示室(第1展示室)に新しい展示室(第2展示室)が加わりました。2つの展示室でご覧いただける作品の数も約2倍になりました。建物の外観はすでにご報告しましたので、今回は展示室の中を紹介します。 第1展示室 一見これまでどおりの展示室に見えますが。 展示内容を一新しました。「青銅の時代」をテーマとし、三国時代以前の銅鏡だけではない青銅器などの作品をご覧いただけます。 企画展「青銅の響き」  開催中 夏ー商から春秋戦国時代の青銅の楽器などを展示しています。(9/12まで) 第1展示室と新しい第2展示を結ぶ廊下 薄暗くて怖がるお子さんもいました。突き当たり にはお出迎えの作品が。 第2展示室 新しい展示室は第1展示室と対照的に時代の華やかさを象徴した明るい雰囲気。「高級宝石店みたい!」とのご感想もありました。 「唐王朝の精華」をテーマに隋唐時代の金銀銅器、俑(よう)などの作品を展示。隋唐時代の銅鏡はこちらでご覧いただけます。 当ブログでは、これから展示作品も紹介してまいります。 新しい古代鏡展示館、どうぞよろしくお願いいたします。

謎の顔

イメージ
  当館で新しく展示している商(殷)~春秋戦国時代の青銅器の表面には、奇怪な顔が表現されているものがあります。 獣面紋鐃 (どう) 商~西周 「青銅の響き」にて展示中 当館では「 獣面紋 」と呼んでいますが、古くから 饕餮 (とうてつ) 紋 とも呼ばれています。複雑な紋様ですが、じっと観察すると先端が巻いた羊のような角、にらみつけるような大きな目が印象的な顔が読み取れます。 獣面紋觚 (こ) 商 (部分拡大) 「古代中国金工の歴史」にて展示中 この紋様の正体は明らかでありません。 饕餮とは、想像上の大食いの怪物のこと。怪物が表現されているのは、魔物をも食らい尽くすという意味があるのでしょうか。また、それとは逆に天上の最高神の姿とする説もあります。 いずれにしてもこの顔は、大きな目で魔物を見極め、威嚇する存在であることは間違いないようで、魔除けの役割から青銅器の主要な紋様として用いられているようです。 当館第1展示室ではこの他にも様々な獣面紋のある青銅器を展示しています。謎の紋様とじっくり向き合ってみませんか。

酒の力

イメージ
政治を「まつりごと」とも言いますが、古代中国においては、祭りと政治は一体。商(殷)の時代、儀式の中で王は天や祖先などの神々に伺いをたて、政治の決定を行いました。 王が神と交わる手段が酒。酒により酩酊することで王は神と交信したようです。 そのためか商の時代の青銅器は、儀式で用いる酒に関する器が発達します。 乳釘紋爵 (しゃく):酒を温める器 素紋斝 (か):酒を温める器 獣面紋觚 (こ):酒を飲む器 いずれも新展示室オープン記念展「中国王朝の粋美」にて展示します。 商王朝最後の王、 紂 (ちゅう)は暴君とも贅沢の限りを尽くしたとも言われています。これに由来する故事が「 酒池肉林 」。商は西周に倒され、王朝が交代します。西周の三代目の王は「私が聞いたところでは、前の王朝が天に見放されたのは酒に耽ったから」と言ったそうです。 商滅亡の経緯が歴史的事実かは明らかでありませんが、少なくとも西周王朝の時代になると儀式の内容に変化がみられ、酒に関わる青銅器は徐々に姿を消していくことになります。

幻の花飾り

イメージ
 古代鏡展示館の開館が延期になりましたが、開館にむけて様々な準備をすすめていました。 開館のおめでたい日には、フラワーセンターからお祝いのモニュメントを作成していただくことになっていました。 すでに花の手配も終えていたので・・・ 幻の開館日にあわせて当館のエントランス前に飾られたモニュメント。 黄色い花でかざられた大輪は、当館で一番人気の 金粒珠玉象嵌宝相華紋六稜鏡 をイメージしているのでしょうか。 金粒珠玉象嵌宝相華紋六稜鏡 (寄託品 図版299 唐) オープン記念展「中国王朝の粋美」にて展示 花は生き物なので、5月13日の開館時にはもうご覧いただけないかもしれません。 せめてこの場でフラワーセンタースタッフの力作をご覧下さい。

開館へむけて・・・

イメージ
 新しい展示室が完成し、4月に入ってから職員は開館にむけての準備にかかりきり。HPの更新も遅れ気味で、皆様にはご迷惑をおかけしました。 例年より開花の早かったチューリップ。フラワーセンターも賑わっていましたが、それを横目に館内で展示作業を続けていました。 新しい展示室には三彩天王俑と文官俑が久々に登場。その右には新しい作品も登場します。 古代鏡展示館ですから、引き続き多くの古代中国鏡もご覧いただけます。 増築工事のため長らくの休館。その間に積もったほこりを取り除く清掃を行い、お出迎えの準備は着々と進めてきました。 が、新型コロナウィルスを押さえ込むための緊急事態宣言発令に伴い、5月11日(火)までの間休館が決定。4月29日の開館、オープン記念展の開幕も延期せざるをえなくなりました。 フラワーセンターも5月11日まで休園することに。春の賑わいが突然消えてしまいました。 5月12日(水)は休館日ですので、皆様に新しい展示をご覧いただけるのは5月13日(木)の予定です。

最近注目の鏡

イメージ
 最近、ある鏡に複数の出版社から続けて問い合わせがありました。 その鏡は 月宮図鏡 です。 月宮図鏡 (唐 図録289) 円い鏡形を満月にみたて、当時の中国の人々が月にあると考えた事象、伝説を描いています。下部には、左に蟾蜍(せんじょ:ひきがる)、右に不老長寿の薬をつくる玉兎(ぎょくと)の姿があります。 出版社の方の話を聞くと、平安時代から鎌倉時代の絵巻『鳥獣戯画』に関連させてウサギとカエルが表された鏡を紹介する、とのことでした。。 『鳥獣戯画』は、ウサギとカエルの相撲の場面が有名ですが、擬人化された動物などが生き生きと表現され、日本で最も有名な絵巻、日本最古のマンガとも言われています。この中でウサギとカエルが繰り広げる場面は、月の世界を表したもの、という学説もあるようです。 月宮図鏡は新展示室オープン記念展にて展示の予定。『鳥獣戯画』に描かれたウサギとカエル、鏡に表された月のウサギとカエルに関連はあるのでしょうか。ぜひお確かめ下さい。

増築工事が終了しました

イメージ
 昨年夏に始まった古代鏡展示館の増築工事が終了しました。半年以上続いた休館ももうすぐ終わり、いよいよ 4月29日(木・祝)にオープン します。 双子のような建物が2棟 手前が増築した新展示棟。奥が既設の展示棟です。 例年より早く、すでにフラワーセンターのチューリップは咲き誇っています。オープンの日までチューリップが残っているでしょうか。 新しい展示室への導入部 新しい展示室は「第2展示室」と素っ気ない名称ですが。既設の展示室(第1展示室)の向こうに広がる新しい空間にご期待下さい。 建物は完成したばかり。展示室はまだ空っぽの状態です。これからオープンに向けて展示の準備を大急ぎで進めていきます。

増築工事だより

イメージ
 春もいよいよ本番、フラワーセンターは春の花が咲き揃い、賑わいも戻ってきました。 昨秋から長らく休館していた古代鏡展示館ですが、再オープンの日が 4月29日(木祝) に決定しました。これにあわせて新展示室オープン記念展「中国王朝の粋美」を9月12日(日)まで開催します。 工事現場を囲っていた仮囲いが取り外されました。 建物は最後の仕上げ。正倉院の校倉造をイメージする外観に仕上げています。 現在の展示室(手前)から新しい展示室を結ぶ廊下も繋がりました。 これまで工事の状況をお伝えしてきましたが、その間も学芸員は新しい展示の準備を着々と進めてきました。 新たに展示する作品の撮影をしています。 撮影台上の作品は、古代中国の楽器である 鐃 (どう) X線写真を撮影し、作品の内部の状況や細部の技法を調べています。 古代鏡展示館の春ももうすぐです。